米原市人権総合センターとは


 米原市人権総合センター(ソーシャル・キャピタルプラザ)は、

       ・米原市人権センター

     ・米原市男女共同参画センター

       ・米原市少年センター

    ・米原市人権教育推進協議会

  の4つの機関を集積した複合施設です。 


 あらゆる人権問題の現状認識から出発し、広く人権に関する

情報の収集や提供をしています。また研究活動等の取り組み

を通して、一人ひとりの人権が守られた地域社会の実現

寄与することを目的としています。 




S・CプラザのS・Cとは?

 

 S・CプラザのS・CとはSocial capital (ソーシャルキャピタル)の頭文字を

取ったもの。米原市人権総合センターの愛称として米原市の公募によって

決まったものです。

 

 ソーシャル・キャピタルとは、人々の協調活動の活発化により社会の効率

性が向上できるという考え方から、人々の信頼関係や互酬性の規範、社会

的ネットワークなどの社会組織の重要性を説く概念です。


 「つきあい・交流」「信頼」」「社会参加」ができていることを「SC指数が高い」

といいます。災害やDV・児童虐待、犯罪、孤独死など、あらゆる社会問題で

“S・C”の大切さが唱えられているのです。


 S・Cプラザは、「人と人とが和になって、住みやすいまちづくりを目指すコミュ

ニティーセンター」であり、S・C指数の高い地域を目指して活動している公共

施設なのです。



ランドマークのステンドグラス

 

 S・Cプラザの屋根にはシンボルタワーがあります。地域のランドマークとなることを目指したこのシンボルタワーには、

ステンドグラスを四面に設けました。一色八幡宮に伝わる神様のお使いのハトと、四季の移ろいを映す花を描いています。


   春と白鳩

 さるすべりと白鳩

  紅葉と白鳩

  さざんかと白鳩